正しいバックテスト方法(環境構築編) - みきりんのEA・DLL製作ショップ

取引量に応じて毎月キャッシュバックがGETできちゃいます(ノ´∀`*)


国内キャッシュバック系と言えばココ!



>>> キャッシュバックサービスの賢い使い方を詳しく説明しています(∀`*ゞ)<<<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいバックテスト方法(環境構築編)

自分で行ったバックテストとメーカーや検証サイトで行ったバックテストの結果が全然違う・・・( ;´Д`)
こんな事ないですか?

でもこの方法を覚えておけば大丈夫です!

まず作業を開始する前に以下のファイルを用意しましょう。
  • ヒストリーデータ

    ヒストリーデータと言ってもMetaTrader4でダウンロードできるMetaQuotes社のはダメです。全くデタラメなデータが多く、これを使ってもテストデータの信頼度は相当低いです。( ;´Д`)

    精度が高い有料のデータもありますが、ワタシのように自作でEAを作っているとか、検証好きな人wでないと買ってまでとなるのが普通です。
    そこで無料で入手できて、かつ比較的精度の高いFXDDが配布しているヒストリーデータを入手しましょう。

    ファイルはZIP圧縮されているの解凍しておくのも忘れずに!

    FXDD ヒストリーデータ配布URL http://www.fxdd.com/mt/jp/forex-resources/forex-trading-tools/metatrader-1-minute-data/


  • 各時間足のデータを生成するスクリプトファイル

    FXDDからダウンロードできるのは1分足のデータですので、5分足・15分足・30分足・1時間足~と各時間のデータを作らないといけません。そこでこれらの作業を自動で行ってくれるスクリプトファイルを入手しましょう!

    入手したスクリプトはMetaTrader4のインストールフォルダの中のexpertフォルダの中にscriptsというフォルダに配置します。

    MetaTrader4公式フォーラム内 period converter ALL http://codebase.mql4.com/ru/988

ではファイルの用意ができたら作業を開始します!



  1. まずMetaTrader4のインストールフォルダを開きます。

    どこにインストールフォルダがあるかワカンネという場合は、デスクトップにあるショートカットボタンを右クリックしてプロパティをクリックすると、ショートカットというタブが開きます。

    そのタブ画面の下のほうに、「ファイルの場所を開く」というボタンがありますのでクリックするとアラー不思議!あっという間にMetaTrader4のインストールフォルダが開きますw


  2. 既存データの削除

    しっかりした過去データ(ヒストリーデータ)でテストをしないと意味が無いので、いったん既存のデータはキレイさっぱり削除してから進めましょうw

    MetaTrader4のインストールフォルダの中にhistoryというフォルダがあります。その中のファイルとフォルダを全て削除しちゃいます。


  3. MetaTrader4を起動

    上記2の作業で身元の怪しい?ヒストリーデータが無くなりましたw

    次は通貨ペア情報などを再認識させる為にMetaTrader4を起動させます。


  4. ヒストリーデータを読み込みする

    MetaTrader4の上部にある「ツール(T)」をクリックしてHistory Centerをクリックします。

    表示された画面の左側に通貨ペアの名称がずらーっと表示されていますので、読み込みしたい通貨ペアをダブルクリックして、更に1Minute(M1)という部分をダブルクリックします。そしてその状態で画面下部にあるインポートというボタンをクリックします。

    インポートボタンを押すと新しい画面が開きます。Browsというボタンを押し事前に準備しておいたFXDDのヒストリーデータを選択します。これでOKを押して画面を閉じてMetaTrader4を終了します。


  5. MetaTrader4を再起動して各時間足データを作成する

    MetaTrader4を再起動しましたら、MetaTrader4画面右上の「ファイル(F)」をクリックしてオフラインチャートをクリックします。

    オフラインチャート画面の中から先程読み込んだ通貨ペアのM1ヒストリーデータを選択し開きます。
    開いたチャートに画面右側のナビゲータ画面からScriptsからperiod converter ALLをドラッグ&ドロップして下さい。あとはOKを押すだけです。

    最後にMetaTrader4のターミナル画面のExpertタブ内にperiod_converter All EURUSD,M1: Writing Period 1440というログ(1440=4時間足まで作成しましたよという意味です)が表示されたら完成です('∀`)

    あとはMetaTrader4を再起動したらバックテスト環境の構築は完了です!


スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
国内海外を問わず、ネット上では色々な会社さんがFX用の自動売買ソフトウェアを販売していますが、自動売買ソフトウェアのプラットフォームソフトとしてシェアNo1のMetaTrader用の自動売買ソフトウェア(通称 EA)の人気が非常に高まってきています。

でも残念な事に、一生懸命良いEAを作っている会社さんは小数で、大半が売れたらそれでOKというスタンスなんだろうなとしか思えない位、ひどい中身のEAを高額で販売しているのが実情です( ;´Д`)

多くのユーザーは当然ですがプログラムなんか理解できません。だからこそ次から次へと、「聖杯探し」のように新しいEAを探して買い続けるという悪循環を繰り返してしまいがちです。。

宣伝文句で煽られて中身がわからないEAを買うよりも、自分自身で考えたロジックをEA化した方が改善点も見出せますし、より優秀なトレードロジックを見つけるチャンスにも繋がります!!
中身のわからない市販EAの購入から、自分で考えたロジックをEA化するのに挑戦してみませんか??

「みきりんのEA・DLL製作ショップ」では、他のEA製作会社さんではオプション扱いにするような機能も標準装備して、可能な限り安価なサービスをご提案します(ノ´∀`*)
そして大事なロジックを流出させないような対策として、DLL製作やDLL自体のセキュリティ対策も承っていますっ!!

宣伝文句で煽られて中身がわからないEAを購入するのを卒業して、これからは「自分だけのオリジナルEA」でトレードしませんか??
オーダーお待ちしています*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

プロフィール

☆★みきりん★☆

Author:☆★みきりん★☆
今まではソフトウェア会社など企業さんからの依頼をメインとしていましたが、新たに個人ユーザーさん向けにもEAの製作やDLL製作、そしてDLLのプロテクトなどを受注するサービスをはじめることにしました(ノ´∀`*)

そろそろ市販品を買う事からオリジナルにシフトしませんか?

日々の何げない事やメモがわりに近いブログ「自作EAでシストレ!」もやっていますっ
自分の為の備忘録みたいなブログですが、そちらも応援お願いします( ´∀`)b

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © みきりんのEA・DLL製作ショップ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。